このページの本文へ
外務省 ORR net
インターネットによる在留届電子届出システム
3ヶ月未満の
海外渡航者登録はこちらへ

たびレジ
Copyright(C) The Ministry of Foreign Affairs of Japan
「在留届」をご存知ですか?
「ORRネット」って何?
ORRとは Overseas Residential Registration の頭文字をとったもので、在留届を意味します。
この在留届は、海外で長期に滞在される方及びその家族の方すべてが対象となります。
登録項目拡充のお知らせ

 電話番号、携帯電話、メールアドレス、FAX番号をそれぞれ2つまで登録できるようになりました。また、同居家族の方も携帯電話とメールアドレスを2つまで登録できるようになりました。
 登録いただくと、それぞれのメールアドレスで在外公館からの緊急時の連絡メールをお受け取りになれます。

 既に本システムを利用して在留届を登録されている方も、左側の「変更届・帰国届を提出する方」から追加登録できますので、是非ご利用ください。

これから海外へ渡航される方へ…
いつ起こるかわからない事故や災害、緊急事態・・・・。
 ご自分やご家族の安全のためにもいざという時に役立つ「在留届」をお忘れなく。
 外国に住所または居所を定めて3か月以上滞在する人は、旅券法第16条により、その地域を管轄する日本大使館または総領事館に速やかに在留届を提出することが義務付けられています。
 なお、治安情勢が不安定な国や地域においては、3か月未満であっても、できる限り届け出るよう心がけてください。
 近年、海外で生活する日本人が急増し、このため海外で事件・事故や思わぬ災害に巻き込まれるケースも増加しています。万一、皆様がこのような事態に遭った場合には、日本国大使館や総領事館は在留届をもとに皆様の所在地や緊急連絡先を確認して援護活動を行います。
在留届が提出されているとこんなに安心!
 海外在留邦人が事件や事故、災害に遭ったのではないかと思われるとき「在留届」があれば安否の確認、緊急連絡、救援活動、留守宅への連絡等が迅速に行えます。
「海外で事故にあったのでは」といった留守宅からの安否問い合わせに対しても「在留届」があると早く確認できます。
 在外公館で在外選挙人名簿登録申請のほか領事窓口サービスを受ける場合にも、「在留届」は利用されております。
 また、海外にいる在留邦人のための長期的な教育・医療等の施策を政府が検討する際の基礎的資料にもなっています。

あなたを守る在留届 転居や帰国の際は必ず届出を